コピー 〜 Scenic005.JPG

2014年02月24日

中高年の英語学習のコツ

関西テレビー2014.1.14.JPG

2014年1月14日に関西テレビのスーパーニュースアンカーのソクメンという
番組で、中高年の英語学習の専門家として紹介されました。その中で、中高年の英語学習のコツとして、次の3点を挙げました。

1、反復すること

幼児は言葉を習得するために、まず、社会に存在する言葉を模倣することから
始めなければなりません。最初にもっとも身近な母親が言った言葉をまねる
のです。そうして、だんだんと言葉を覚えていきます。

しかし、幼児はいっぺんに言葉を覚えられません。同じ言葉を、何回も何回も
くりかえしたり、ときには大人に直されて、一つ一つ覚えていくのです。言い
換えれば、幼児は言葉を覚えるために、無限の反復練習をしているのです。

英会話の習得も、初期の段階では、模範となる英文の反復練習が絶対必要です。字を忘れて、音だけで反射的にしゃべれるようになるまでには、少なくても、自分の年の数だけ繰り返してください。

2、早く覚えようとしない

早く覚えたものは早く忘れます。

3、完璧を目指さない

発音も文法も完璧になったら話そうとすると、死ぬまで英語を話せません。英語はかなりの程度まで習得できますが、完璧には習得できません。

言葉は日々変わる生き物だからです。世の中の動きにつれて、言葉はどんどん
変わります。すたれていく古い言葉、日々生まれる新しい言葉。言語を習得するということは、決して終わりのない旅に出たようなものです。

また、こうも言えます。どんな言語でも、自由に意志の疎通が出来るだけの
豊かさを持っているので、人間一人の一生をかけたところで、そのすべてを知り
えるものではないのです。

ですから、完璧になるのを待つ必要はないのです。現在持っている表現能力の
範囲内で、自分の意見や気持ちを相手に伝えることができれば、それで良いと
思います。

英語学習のヒント一覧表を見る

本日のおすすめ英語学習本



posted by papion at 09:07| 学習のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする