コピー 〜 Scenic005.JPG

2017年07月02日

ロゼッタストーンの特徴―間違うことを恐れない

第二回目は間違うことを恐れないです。

英会話の学習者は、間違いをして、それを直されたときに一番上達します。

ロゼッタストーンは、学習者が間違った時に、それを直す機能があるかどうかを
検証します。

ロゼッタストーンは、学習者の発音が通じるかどうかを瞬時に判定します。

ネイティブとの発音の違いを波形で比較し、音の強弱やイントネーションなど、
修正すべき点を明確にするので、通じる発音が身につきます。

SN00015 (3).pngSN00015 (3).png
(ソースネクスト提供)

ロゼッタストーンは、ネイティブが言った事をキーボードで打つディクテーションが
あります。間違えると正解を得るまで何回でも挑戦できます。これにより、英語を
正確に聞き、書く能力が身に付きます。

SN00015.png
(ソースネクスト提供)

ロゼッタストーンは、基礎を学んだ後で、発音、リスニング、ライティング、文法
などを決まった順序ではなく、変則的に出題します。

ネイティブの発音と写真に合うイメージを反射的に選択し、直感で即答しなければなりません。間違えると正解を得るまで何回でも挑戦できます。これにより、海外
でのとっさの対応に近い環境を疑似体験でき、応対の瞬発力が鍛えられます。



本の紹介一覧表を見る

英語サークル一覧表を見る

【関連する記事】
posted by papion at 00:46| 学習機会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする