コピー 〜 Scenic005.JPG

2017年07月16日

be going toを含む受動態の過去形の否定文(Be動詞の短縮形で)

be going toを含む受動態の過去形の否定文は、主語の後のbe動詞を
過去形にすれば良いのです。

was not = wasn't   were not = weren't

I'm not going to be helped by John.

I wasn't going to be helped by John.

私はジョンに助けられるつもりはなかった。

You aren't going to be helped by John.

You weren't going to be helped by John.

あなたはジョンに助けられるつもりはなかった。

He isn't going to be helped by John.

He wasn't going to be helped by John.

彼はジョンに助けられるつもりはなかった。

She isn't going to be helped by John.

She wasn't going to be helped by John.

彼女はジョンに助けられるつもりはなかった。

It isn't going to be helped by John.

It wasn't going to be helped by John.

それはジョンに助けられるつもりはなかった。

We aren't going to be helped by John.

We weren't going to be helped by John.

我々はジョンに助けられるつもりはなかった。

They aren't going to be helped by John.

They weren't going to be helped by John.

彼等はジョンに助けられるつもりはなかった。

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力



英文法一覧表を見る

受動態一覧表を見る

本の紹介一覧表を見る

英語サークル一覧表を見る

posted by papion at 00:27| 英文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする