コピー 〜 Scenic005.JPG

2017年08月09日

have toを含む受動態の否定文

have toを含む受動態の否定文は、do notやdoes notを主語の直後に置き、その後にhave to beと動詞の過去分詞をつけます。

助動詞(does)の後の動詞は、原形になりますので、文中のhasはhaveに
変わります。

I have to be helped by John.

I do not have to be helped by John.

私はジョンに助けられる必要がない。

You have to be helped by John.

You do not have to be helped by John.

あなたはジョンに助けられる必要がない。

He has to be helped by John.

He does not have to be helped by John.

彼はジョンに助けられる必要がない。

She has to be helped by John.

She does not have to be helped by John.

彼女はジョンに助けられる必要がない。

It has to be helped by John.

It does not have to be helped by John.

それはジョンに助けられる必要がない。

We have to be helped by John.

We do not have to be helped by John.

我々はジョンに助けられる必要がない。

They have to be helped by John.

They do not have to be helped by John.

彼等はジョンに助けられる必要がない。

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力



英文法一覧表を見る

受動態一覧表を見る

本の紹介一覧表を見る

英語サークル一覧表を見る

posted by papion at 00:03| 英文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする